リサイクルショップに着物買取を依頼するのはやめたほうがいい!

着物買取査定はどこのお店でされましたか?

ふれあいプラザ入山瀬店。静岡の富士市にある、リサイクルショップです。

着物買取査定をなぜ出してみようと思ったのですか?

祖母が三味線をもともと習っていて、家には着物がたくさんありました。

その祖母が、昨年亡くなったのですが、そのたくさんの着物が残されました。

私もお箏を習っており、着物を着ることは非常に多いのですが、私のと祖母のではサイズが違います。

身丈が短すぎたり、身幅が非常に狭かったりすることが多くて、祖母の着物は私は着こなすことができません。

ヤフーのオークションなどに出すことも考えましたが、それでは、どのくらいの程度の値段をつけたらいいのか、私にはちょっと想像もつかず、かといって、単なるリサイクルショップでは、祖母の着物が、無価値なものとして買い取られてしまう可能性もあり、そこではちょっとかわいそうなので、着物を中心に扱っている、ふれあいプラザ入山瀬店に、査定をお願いすることにしました。

そこであれば、同じリサイクルであっても、一般的なリサイクルショップより、もう少し、着物を価値のあるものとして見てくれるかなとおもったから、そのお店にしました。

着物買取査定に出して見た感想は?

着物買い取りと言っても、期待していたのとは大外れというのが正直な感想でした。

そのふれあいプラザは着物に特化したリサイクルショップではあったのですが、私たちがきちんと保管して、きちんとしたてていだたいた高級品だと主張しても、何も聞いてくださいませんでした。

店員さんの態度も威圧的で、着物を買い取ってくれるというよりも、要らないものを処分してくれるという印象で、あり、着物をちゃんと着物としてみてはくださいませんでした。

また、着物の種類も、羽二重とか紬とかいろんなものがあるのですが、実際に査定に出してみると、査定してくれる人もあまり知識がないという印象で、適当に正絹としか認めてくださいませんでした。

また、訪問着や小紋、或いは友禅と言った着物にもいろんなブランドがあるのですが、それらの事はほとんど無視されてしまい、汚れのあるなし、ほつれなどのあるなしなど、着物の状態ばかり見られ、本当の着物の価値というものは見てくださいませんで、すごく嫌な気持ちになって、帰ったことを記憶しています。

着物買取査定をもし次に出される方がいたらどんなアドバイスをされますか?

まず、着物を本当に着物として扱うことはないと思ってください。

其れよりも、単に不用品の片付けを手つだってくれるところ程度に考えておく事が、がっかりしないこつです。

着物は、今は需要がなくなってしまっているので、買い取りに出したとしても、余り必要のないものだから、店でも仕入れても意味がないという事を頭の中に入れておくことが重要です。

実際、リサイクルで販売されると、着物は、元の値段の10分の1、ひどい時では100円など信じられない値段で販売されます。

もう、着物がかわいそうなのではないかと思われるほどの値段しか、今の時代には付けられないのです。

しかし私の様に、お箏を習っているとか、お茶を習っているなどで、着物を欲しいという人は少なからずいます。

ですから、その少数の人たちに、安い値段でプレゼントしよう、くらいの気持ちで買い取りに出した方が、着物買い取り査定で、安い値段を突き付けられても、がっかりしないというか、快い気分で利用することができるコツなのではないかと私は、思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です